スマホ

CASEFINITEのフロストエアをiPhone12 miniにつけてみたら評判通り極薄だった

 

iPhoneを持っている人のほとんどがつけているケース。

一言でケースと言ってもその形は様々で、数えきれないほどの量が存在しています。

そんなiPhoneケースの中でも一際異彩を放っている、CASEFINITEの「フロストエア」を実際に購入し使ってみたので、その感想について書いていきます。

結論から言ってしまうと、「極薄」です。

気になっている方は是非参考にしていただければ幸いです。

それではいきます


 

フロストエアについて

 

フロストエアは、CASEFINITEという会社が作っているスマホケースで、とことん薄さにこだわって作られています。

なぜなら、フロストエア、つまり空気のようなケースだからです。

まるでつけていることを感じさせないように考えられて作られています。

キャッチコピーは、「ほぼ裸」です。

とにかく、軽さや薄さに特化して作られたのがこのフロストエアというスマホケースなのです。


 

フロストエアを開封

 

それでは早速開封していきたいと思います。

届いた瞬間はこんな感じで

箱がビニールで梱包されています。

なんか、高級感があります。

裏面はというと

シンプルです。

それでは袋から出していきます。

袋から出すと、より高級感があります。

箱も頑丈で硬いです。

開けてみましょう。

開けると更に高級感が高まります。

紙の下に指輪でも入っているんでしょうか。

なんか、そんないでたちすら感じます。

紙をどかすと

ついにフロストエアの登場です!!

ちょろてん
ちょろてん
今回購入したケースのカラーは、メタリックブルーです。
僕のiPhone12 miniのカラーがブルーなので、一応合わせてみました。

ここまでの演出のおかげで、やたらいいケースに見えてきました。

一体、梱包にどれだけ原価がかかっているんでしょうか。

そんなことはさておき、肝心の中身をみていきましょう。

出していきます。

画像で分かりますかね?

もうすでに、かなり薄いのが分かっていただけるかと思います。

実は箱を持った時から軽さは感じていました。
箱の中に何も入っていないんじゃないかというくらいの軽さです。

こればっかりは実際に持ってみないと分かりませんが、、
ホントに、1mmも話を盛っていませんので。

あと、後ろの木目が透けているのが分かるかと思います。

そうなんです、薄すぎて半透明になっているんです。

試していませんが、簡単に折れると思います。
そのぐらいの薄さを実感しております。

ちょろてん
ちょろてん
それでは適当にいろんな角度から見ていきましょう。

全てがガードされている作りになっていて、カメラ部分の突起にもしっかりと対応しています。

どの角度から見ても、極薄です。


 

フロストエアをつけてみた感想

 

実際にiPhone12 miniにフロストエアをつけてみました。

つけてみた感想を一言で表すと、「最高」です。

なぜなら、「ほぼ裸」だからです。

ケースをつけていない状態と、ほとんど変わりありません。

と、それだけではあまりにも雑なので、もう少し詳しく見ていくことにしましょう。

まずはフロントから


撮影:iPhoneSE2

ケースがついてるの分かりますか?

僕には全く分かりません。

ただこれ、間違いなく、フロストエアがついてるんです。

これだけでも、すでにほぼ裸という意味が理解していただけたかと思います。

こちらは、マナーモードスイッチと音量ボタンのある側です。

確かにフロストエアがついています。

この角度から見ていただくと分かりますが、カメラの突起部分がしっかり保護されています。

ライトニング端子およびスピーカー部分です。

全てが綺麗に覆われていて、かつ必要な部分のみ正確に穴が開けられています。

電源ボタン側です。

分かりますかこの薄さ?

iPhone12 mini持ってる人なら分かっていただけますよね。

ホントに、そのままなんですよ。

最後に裏面です。

半透明なだけあって、アップルロゴもばっちり見えております。

質感に関しては、マットな仕上がりでツルツルしていないので、滑り落ちる心配がなく、強いホールド感があります。

MagSafeもバッチリ使えます!!

どちらかというと磁力強めなので、磁石系のアクセサリーは全て問題なく使えると思います。


 

フロストエアのデメリットは一つ

 

デメリットは一つで、それは「衝撃に弱い」です。

ただ、それはもう仕方ないんです。

元々、耐衝撃用に作っているものではありません。

どれだけ薄く、軽くするかに特化して作られているものです。

比較したものが以下


左:フロストエア 右:カペラ

落とすことに自信がある人は、フロストエアは全くおすすめできません。

衝撃に強いケースをおすすめします。

僕の記事にCaseologyのクリアケース「Capella」がありますのでぜひ一度読んで見てください。

ちょろてん
ちょろてん
カペラは、衝撃に強いケースです。
実際に使っていて、何度も落としましたが、びくともしませんでした。
Caseology iPhone12mini Capella(カペラ)を購入したのでレビューします。iPhone12mini用のクリアケースCaseologyのCapellaをレビューしています。実際に購入し、開封からiPhoneSE2との重さ比較まで様々な角度から詳しく紹介しています。また多くの画像を使って解説していますのでわりとわかりやすいと思います。買うかどうか悩んでいる方は、一度読んでみてぜひ参考にしてみてください。...

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

少なくとも、フロストエアという商品がいかに薄いかについては分かっていただけたかと思います。

「iPhone12 miniの小ささを、ケースでぶち壊したくない!!」という人にはかなりおすすめです。

もちろん最新のiPhone13シリーズのものもあるので、そちらも合わせてチェックしてみてください!!

それではまた


 

ABOUT ME
ちょろてん
インターネット関連やガジェット、新しいサービスなどが好きな平凡なグウタラ会社員です。僕の身の回りに起こる全ての事をネタとして記事を書いています。肩の力をぬいて、気軽に読んでいただければ幸いです。