スマホ

iPhone SE(第2世代)どう考えてもコスパ最強のiPhoneなのでiPhone8と比較し、変わったところについてわかりやすく解説

 

iPhone SE(第2世代)はコスパ最強のiPhoneだった?!iPhone8と比較し、解説

引用元:Apple

iPhoneSE(第2世代)は、2020年4月15日にアップルの公式サイトにて発表されました

名前は、iPhone SE(第2世代)となっていますが、正確にはiPhone8の後継機という認識で間違いないでしょう

ということで今回は「iPhoneSEは何がどう変わったのか?」について、詳しく解説していきます

ちょろてん
ちょろてん
以下はiPhone8との比較になります

←表はスクロールできます→

製品名 iPhone SE(第2世代) iPhone 8(廃番)
本体カラー ブラック スペースグレイ
ホワイト シルバー
レッド ゴールド
容量と価格 64GB ¥44,800 ¥52,800
128GB ¥49,800 ¥57,800
256GB ¥60,800
ディスプレイ Retina HDディスプレイ Retina HDディスプレイ
4.7インチ(対角)ワイド 4.7インチ(対角)ワイド
1,334×750ピクセル 1,334×750ピクセル
解像度、326ppi 解像度、326ppi
1,400:1コントラスト比 1,400:1コントラスト比
True Toneディスプレイ True Toneディスプレイ
触覚タッチ 3D Touch
サイズと重量 高さ 138.4 mm 138.4 mm
幅 67.3 mm 67.3 mm
厚さ 7.3 mm 7.3 mm
重量 148 g 148 g
防水 IP67 IP67
チップ A13 Bionicチップ A11 Bionicチップ
第3世代のNeural Engine Neural Engine
カメラ シングル12MPカメラ シングル12MPカメラ
光学式手ぶれ補正 光学式手ぶれ補正
5倍のデジタルズーム 5倍のデジタルズーム
True Toneフラッシュ True Toneフラッシュ
ポートレートモード
ポートレートライティング
次世代のスマートHDR 写真の自動HDR
ビデオ撮影 4Kビデオ撮影 4Kビデオ撮影
1080p HDビデオ撮影 1080p HDビデオ撮影
拡張ダイナミックレンジ
光学式手ぶれ補正 光学式手ぶれ補正
3倍のデジタルズーム 3倍のデジタルズーム
QuickTakeビデオ
1080p スローモーション 1080p スローモーション
タイムラプス タイムラプス
ステレオ録音
フロントカメラ 7MPの写真 7MPの写真
Retina Flash Retina Flash
写真の自動HDR 写真の自動HDR
ポートレートモード
ポートレートライティング
1080p HDビデオ撮影 1080p HDビデオ撮影
通信方式 ギガビット級LTE 4G LTE-Advanced
802.11ax Wi-Fi 6 802.11ac Wi-Fi
Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0
NFC NFC
予備電付エクスプレスカード エクスプレスカード
FeliCa FeliCa
セキュア認証 Touch ID Touch ID
Apple Pay
ビデオ通話 FaceTime FaceTime
オーディオ通話
オーディオ再生 ステレオ再生 ステレオ再生
ビデオ再生 Dolby Vision Dolby Vision
Siri
電源とバッテリー ワイヤレス充電 ワイヤレス充電
ビデオ再生:最大13時間 ビデオ再生:最大13時間
ストリーミング最大8時間
オーディオ再生:最大40時間 オーディオ再生:最大40時間
高速充電に対応 高速充電に対応
付属ヘッドフォン EarPods EarPods
センサー 5種類 5種類
SIMカード デュアルSIM nano-SIM
コネクタ Lightning Lightning

 

iPhone8から変わった部分のまとめ

  1. 価格
    64GB ¥52,800→¥44,800
    128GB ¥57,800→¥49,800
  2. 3D Touch→触覚タッチ
  3. A11 Bionicチップ→A13 Bionicチップ
  4. Neural Engine→第3世代のNeural Engine
  5. なし→ポートレートモード
  6. なし→ポートレートライティング
  7. 写真の自動HDR→次世代のスマートHDR
  8. なし→拡張ダイナミックレンジ
  9. なし→QuickTakeビデオ
  10. なし→ステレオ録音
  11. 4G LTE-Advanced→ギガビット級LTE
  12. 802.11ac Wi-Fi→802.11ax Wi-Fi 6
  13. エクスプレスカード→予備電付エクスプレスカード
  14. nano-SIM→デュアルSIM

機能とか性能だけで見ると、13もの項目においてiPhone8から進化しているのがおわかりいただけます

ちょろてん
ちょろてん
外観は一切変わっていないのに、内部の性能だけで上記の進化が見られるのは、正直言って驚きです

それでは以下で1つずつ解説していきます

 

iPhone11Proと同じチップ

iPhone SE(第2世代)には、A13 Bionic(バイオニック)という現行最強のチップが搭載されました

ちなみにA13 Bionicチップは、iPhone11、iPhone11Proにも使用されています

この最強のチップを搭載することにより

  • アプリ起動
  • 最新のゲーム
  • 拡張現実

すべてをスムーズにこなすことができます

ちょろてん
ちょろてん
外見はiPhone8ですが、中身の頭脳はiPhone11Proということになります

 

最新のゲームに関しては以下の記事をご覧ください

iPhoneSE(第2世代)でフォートナイトは快適にプレイできるのか検証してみたiPhoneSEでフォートナイトをプレイしたので記事にしました。フォートナイトといえば、ゲーミングPCでやるイメージが強かったですが、iPhoneでも問題なくプレイすることができます。...

 

ポートレートモード

A13 Bionicチップが搭載されたおかげで、ポートレートモードが使えるようになりました

ちなみにポートレートモードは、アウトカメラでもインカメラでも、どちらでも使うことができます

ただひとつ気になったのが、公式サイトでは、人物のポートレートの写真しかありませんでした

となると、たぶんポートレートモードを使うことができるのは「人物のみ」ということになりそうです

 

深度コントロール

写真を撮った後に、背景のぼかしの強弱を調整することができます

 

ポートレートライティング

写真を加工するエフェクトが6つ用意されています

  1. 自然光
  2. スタジオ照明
  3. 輪郭強調照明
  4. ステージ照明(モノ)
  5. ステージ照明
  6. ハイキー照明(モノ)

上記6つのエフェクトを使うと、自分で撮った写真がスタジオで撮影したような仕上がりになります

 

次世代のスマートHDR

次世代のスマートHDRが、写った被写体を認識し、より自然にとらえてくれます

 

QuickTake(クイックテイク)

写真を撮る画面でシャッターを長押しすると、すばやくビデオ撮影に切り替えることができます

 

触覚タッチ

3DTouchの代替え品です

3DTouchとほぼ同等のことができます

ちょろてん
ちょろてん
LINEのチラ見機能もしっかりと踏襲されています

 

ステレオオーディオ録音

ビデオをステレオ音声で撮影することができます

 

Wi-Fi 6とギガビット級LTE

Wi-Fi 6対応の無線LANを使うことによって、通信速度が格段に速くなります

確か今までのWi-Fiの10倍の速さとか

とはいえ、普段使うであろうモバイルデータ通信においても

ギガビット級LTEになるので、十分に速い速度を出すことができます

ちょろてん
ちょろてん
どちらを使うにしろダウンロードのスピードが速くなるのは間違いないですね

 

オーディオの共有

iPhone SE1台に、2組のAirPodsかBeatsヘッドフォンをペアリングすることができます

 

デュアルSIM

eSIMによるデュアルSIMに対応しました

iPhone SE1台で、2つの電話番号を使い分けることができます

 

iPhone SE(第2世代)の良かった点とまとめ

 

ちょろてん
ちょろてん
以下がiPhone7を4年近く使っている筆者が感じた良かった点です

 

良かった点

  • 本体サイズ
  • A13 Bionicチップ(最新のチップ)
  • 価格が安い
  • バッテリー持ち
  • 予備電源付きエクスプレスカード
  • Wi-Fi 6
  • ポートレートモード
  • オーディオ共有

iPhone SE(第2世代)をまとめると

小さい本体に最強の頭脳がのっかったのにも関わらず、値段がめちゃくちゃ安いコスパ最強のiPhoneだと思います

待ちに待った人も多い待望のiPhoneです

本体が届く日を楽しみにお待ちください

それではまた

ABOUT ME
ちょろてん
ちょろてん
インターネット関連やガジェット、新しいサービスなどが好きな平凡なグウタラ会社員です。僕の身の回りに起こる全ての事をネタとして記事を書いています。肩の力をぬいて、気軽に読んでいただければ幸いです。