スマホ

Caseology iPhone12mini Capella(カペラ)を購入したのでレビューします。

 

本記事では、Caseologyのクリアケース「Capella」のレビューをしていきます。

結論からいうと、「スタイリッシュでカッコイイクリアケース」です。


理由は、ここで話すよりも画像をみてもらった方が早いので、早速レビューをしていきましょう!

 

Caseology Capellaの開封

ここでは、Amazonから届いたばかりのCapellaを開封していきます。

中身だけでなく全体像を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

早速ですが届いたのがこちら

みていただければわかる通り、箱はとてもシンプルです。

箱を開ける部分には専用のツマミが付いていて、引っ張ると簡単に開くようになっています。

それでは箱から取り出してみましょう。

上の画像の通り半透明の薄い袋に覆われています。

袋を開けると

クリアケースと黄色の二つ折りの紙が出てきます。

クリアケースの側面に青いシールが貼ってあるのは、配送中に商品が傷つかないようにするためと言われています。

ちょろてん
ちょろてん
黄色の紙はすべて英語表記でよく分からないので、特に気にしなくて大丈夫です。


 

Caseology Capellaの外観

いかがでしょうか?

特筆すべきは背面で、マットな仕上がりになっています。

そのため若干のぼけ味があり、「iPhone12miniの外観をそのままの状態で」という感じではありません。

質感はサラサラで、指触りが良くすべりもイイ感じです。

ちょろてん
ちょろてん
下の方にCaseologyのロゴが施されています。

続いて側面を見ていきます。

音量ボタンは覆われていますが、消音切り替えスイッチはむき出しになっています。

基本的にクリアケースはこの形の物が多いと思いますので、特に気にはなりません。

続いて下です。

ライトニング端子とスピーカーの部分だけ穴が空いています。

たまにある、ライトニング端子に(ホコリが入り込まないようにする)付けるカバーみたいなものがありますが、このケースには付いていません。

続いて側面電源部分です。

こちらも完全に覆われています。

先ほどの音量ボタン含め押し心地はイイ感じですが、英語でMade in Chinaなどの文字が書かれています。

ちょろてん
ちょろてん
画像にはありませんが、反対側にはロゴが書かれています。

気にする方も少なくないと思いますので参考までに。

上の部分は特に何もなくただ覆われています。

最近の傾向なのかバンパー部分には細かくドット柄があしらわれています。


 

Caseology Capellaの重さ

 

まずはケース単体で測ってみます。

20gです。

次にケースをつけた状態で測ってみます。

162gです。

iPhoneにガラスフィルムをつけているので、その分重くなっています。

iPhoneSE2との重さ比較

それではiPhoneSE2を測って比較していきます。

170gと表示されたので、iPhone12miniとの差は8gとなります。

iPhoneSE2につけているケースの方が軽いにも関わらず、iPhone12miniの方が軽いという結果になりました。

実際に手に持った感じでも、明らかにiPhone12miniの方が軽く、iPhoneSE2の方がズッシリとした重量感を感じます。

ちょろてん
ちょろてん
iPhone12mini自体が軽いのでケースをつけてもそんなに重く感じません。


 

Caseology Capellaの厚さ

 

これに関しては、結論からいうと薄くないです。

なぜなら、バンパー部分が約1mmぐらい厚くなっているからです。

持った感じでも、その厚さは十分に感じることができます。

握ってみると

どちらかというと手は大きい方だと思いますが、少し力を入れないと指がくっつかないほどです。

前面はこんな感じ

下から3つ目のアイコンまでは奥までスンナリ指が届きますが、4段目以降は一気に苦しくなります。

 

Caseology CapellaでMagSafeは使えるの?

 

何気に心配なのがコレだと思います。

結論からいうと、問題なく使用することができます。

なぜなら、このケースに使われている素材が「熱可塑性ポリウレタン」だからです。

実際の画像がこちら

磁石が張り付く強度に関しては、裸で使うよりも若干劣るくらいでさほど変わりません。

安心して使うことができます。


 

以上でiPhone12mini用クリアケース「Caseology Capella」の商品レビューを終わります。

Capellaは、デザイン性が高くカッコいいクリアケースに仕上がっています。

なぜなら、Caseologyが作っているからです。

筆者は、AirPods ProのケースもCaseologyの物を使っていますが、デザインが良く使い心地も最高です。

詳しくは『Caseology Vaultを使ってみたら良かったので紹介します。』をご覧ください。

AirPods Proを落下の衝撃から守るケース「Caseology Vault」を使ってみたら良かったので紹介します。AirPods Proを購入すると一緒に欲しくなるケースですが、今回そんなケースの中でも衝撃に強いケースを紹介していきます。それがCaseology Vaultです。しかもただ衝撃に強いわけではなく、カラバリも豊富で、見た目にもカッコイイ仕上がりになっており持ち歩いても何の違和感もありません。...

また、他社の商品も気になるという方は『iPhone12mini用クリアケースランキング3選』という記事も書いてますのでそちらを参考にしてみてください。

iPhone12mini用クリアケースランキング3選iPhone12miniの予約が2020年11月6日午後10時から開始されます。それに先立ってiPhone12mini用クリアケースを買っておきたいところです。なので本記事ではランキング形式でクリアケースを紹介しています。今回のクリアケース選びの条件は「iPhone12mini本来の大きさを損なわないこと」としています。ぜひ参考にしてみてください。...

使い勝手も重要ですが、何よりデザイン性が重要だと筆者は思っております。

毎日使うものなので使っていて気持ちのいいものを選べば、あなたの生活がより良いものになると思います。

それではまた


ABOUT ME
ちょろてん
ちょろてん
インターネット関連やガジェット、新しいサービスなどが好きな平凡なグウタラ会社員です。僕の身の回りに起こる全ての事をネタとして記事を書いています。肩の力をぬいて、気軽に読んでいただければ幸いです。