パソコン

新型MacBook Pro最新リークまとめ

 

どうやらAppleが「新しいMacBook Proを開発中らしい」という話が飛び込んできましたので、本記事でその内容をまとめていきます。

今回の情報ソースは、Appleのリークで超有名なミンチー・クオ氏です。

何度もAppleのリークを的中させている彼の情報なので、かなり信憑性は高いとみて間違いないと思います。

それではいきます。

 

iPhone12シリーズのような角ばったデザインに

 

これに関しては、前から言われていたので今更感満載ですが、どうやらそうなるようです。

iPad ProやiPhone12が角ばったデザインになっているので、MacBook Proが角ばったデザインになるのは自然な流れと言っても良いかもしれません。

ちなみに、次に出ると言われているiMacも、角ばったデザインになると言われています。

クオ氏いわく「フラットで無曲線」とのことです。

 

Touch Barが廃止される?

 

Touch Barが廃止され物理ボタンが復活するそうです。

これについては、MacBook Proを使っている多くの人が望んでいたことで、Appleが要望に応えた形になったのではないでしょうか。

ちょろてん
ちょろてん
筆者もまったく使っていません。

 

マグセーフ充電コネクタの復元?

 

新型MacBook Proにはマグセーフ充電コネクタが戻ってくるそうです。

これは、2006年に登場した最初のMacBook Proに搭載されていたものらしく、iPhone12で登場したマグセーフと同様、磁石でくっつくタイプの充電器ですが、コネクタという名前のように端子と同じ作りの見た目になっています。

詳しく知りたい方は、MacRumorsさんの記事『Appleのオリジナルの磁気充電技術を振り返る』をご覧ください。

画像もあるので、どういったものかよく分かると思います。

新型MacBook Proに搭載されるマグセーフは、以前のものと設計図が同じらしいので、どうやら似たような形になりそうですが、充電速度は現行のUSB-Cよりも高速になる可能性があると言われています。

 

ポート数が増える

 

新型のMacBook Proは、ポート数が増えるとされています。

これについては、現行のMacBook ProではUSB-Cのポートしかついておらず、他のポートを使う場合には別途のUSB-Cハブが必要でした。

USB-Cハブについては『ANKER「USB-Cハブ」レビュー』という記事を書いていますので、そちらをご覧ください。

ANKER「PowerExpand+7-in-1 USB-C PD Ethernet Hub」レビューMacBook Proに最適なANKER PowerExpand+7-in-1 USB-C PD Ethernet Hubのレビューです。※もちろんそれ以外のパソコンでも大丈夫です。今回紹介するアンカーのハブはなんと7つものポートが装備されています。拡張性・凡用性に素晴らしく、デザインもとてもカッコいいですよ!...
ちょろてん
ちょろてん
とはいえ新型MacBook Proを購入した場合、もうハブは必要なさそうですね。

 

1416インチが登場か?

 

新型MacBook Proには2種類のモデルが登場するとされています。

そのモデルが14インチと16インチのモデルです。

16インチのモデルはすでに登場していますが、14インチモデルは今回登場すればMacBook Pro史上初のモデルとなります。

ちょろてん
ちょろてん
筐体の大きさ自体は変わらず、ベゼルの部分が狭くなると言われています。

以上で新型MacBook Proの最新リーク情報を終わります。

いよいよデザインを刷新して登場するMacBook Proですが、前回登場したM1の後継機ということもありその期待は高まるばかりです。

Touch Barの廃止など、長年MacBook Proを使ってきた方には嬉しい内容となっていたのではないでしょうか?

また今後、続々とリーク情報が出てくると思いますので楽しみに待ちましょう。

それではまた

 

ABOUT ME
ちょろてん
ちょろてん
インターネット関連やガジェット、新しいサービスなどが好きな平凡なグウタラ会社員です。僕の身の回りに起こる全ての事をネタとして記事を書いています。肩の力をぬいて、気軽に読んでいただければ幸いです。