記事作成

格安の記事作成代行サービス「ALVO」について解説|文字単価1.5円〜、ブログ記事完全外注化

 

ブログメディアを一人で運営している方の中には

記事作ってほしい人
記事作ってほしい人
記事作るの誰かにお願いしたいなぁ。

そう考えている人も少なくないはずです。

そんな方のために、本記事では「記事作成代行サービスALVO」について詳しく解説していきたいと思います。

ALVOは、格安で良質な記事を作ることができる記事作成代行サービスです。

また、記事作成をまとめて代行することができるので、Webメディア・ブログ運営を完全外注化することが可能になっています。

記事作成代行サービス、ブログ記事完全外注化に関心がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

それではいきます。

 

記事作成相談をする

オフィシャルサイトにリンクします

 

記事作成代行サービス「ALVO」について

 

まずはじめにALVOがどんな会社なのかについて書いていきます。

以下をご覧ください。

会社名 株式会社ALVO
設立年月日 2020年4月1日
住所 東京都目黒区下目黒2-17-12
代表者 原田 寛史
電話番号 05053756953

 

1番気になったのは設立年月日です。

これを書いている今は2021年3月12日なので、まだ設立から1年経ってないんです。

つまり、新進気鋭の記事作成代行サービス会社ということになります。

ちなみにTwitterを検索したところ

ALVO不動産というアカウントが見つかりました。

こちらのアカウントは、2020年12月31日のツイートを最後に更新が止まっています。

元々は不動産の会社だったんですかね?

詳しくは分かりません。

 

記事作成相談をする

オフィシャルサイトにリンクします

 

記事作成代行サービスALVOの特徴3つ

 

記事作成代行サービスALVOの特徴は以下の4つ

  1. 文字単価1.5円
  2. WordPress形式だと画像挿入と文字装飾まで代行してくれる
  3. キーワードの先行も代行してくれる

製作者側からすると、「必要なものをほぼすべて代行してくれる」ありがたいものばかりとなっています。

それでは、ひとつずつ詳しくみていきましょう。

1.文字単価1.5円

ALVOには、ベースプランと追加オプションの2つがあります。

ベースプランを選択すると、文字単価1.5円で依頼することができるんです。

ベースプラン

ALVOのベースプラン

  • テキスト作成
  • コピペチェック
  • 簡易校正
  • 納品フォーマット選択

ここでのポイントは2つ

記事のテキスト装飾と、特定フォーマットでの納品の2つについては、追加料金なしで対応!!

記事のテキスト装飾は意外と大変なので、追加料金なしでの対応となると、完全に神対応レベルと言えます。

それだけではありません。

さらにもう一つポイントがあります。

WordPressの場合、カテゴリとパーマリンクの設定も、追加料金なしで対応!!

これは完全に筆者の見解ですが、パーマリンクやカテゴリの設定は、正直めんどくさいという位置付けです。

よっぽどこだわりがなければ、お願いするのがいいでしょう。

文字単価1.5円のベースプランだけでも、充実した内容になっているのがわかっていただけるかと思います。

追加オプション

追加オプションは以下の6つ

  • 画像投稿 +1円/1文字
  • キーワード選定 都度見積もり
  • 専門ライター +3円〜/1文字
  • プラチナライター +1.4円/1文字
  • 校閲 (通常)+0.4円/1文字
    (専門)+1.5円/1文字
  • 納品フォーマット指定 都度見積もり

これを見る限りたぶん

オプションに疑問がある人
オプションに疑問がある人
専門ライターさんの文字単価が高いですが、専門ライターとはなんですか?
あと校閲という聞き慣れない単語がありますが、一体どういう意味なんでしょうか?

と、思うかもしれませんので説明しておきます。

専門ライターとは、医療などのような専門職従事者、つまり「実際に医療現場で働いている人達にライティングを依頼することができる」ことをいいます。

ちょろてん
ちょろてん
専門分野に関しては、「一体誰が書いているのか?」が問われます。
権威性が非常に重要です。

お次は校閲(こうえつ)についてですが、まずは以下をご覧ください。

 

校閲

文書・原稿などの誤りや不備な点などをしらべること。

 

校閲には「通常」と「専門」があり、もちろん価格が違います。

ちょろてん
ちょろてん
専門になると価格が高くなっていますね。

とはいえ、専門的なことは専門家に任せるしかないので、ここはもう黙ってお金を払うしかありません。

お金に余裕がないからと言って、専門家のコピペや、専門家ぶってなんとなく調べた記事を書いても、まったく意味がありません。

しっかりと記事の内容の正当性をチェックしてもらい、精度の高い信頼できる記事に仕上げていきましょう。

 

記事作成相談をする

オフィシャルサイトにリンクします

 

2.WordPress形式だと画像挿入まで代行してくれる

ALVOは、画像の挿入も代行してくれます。

なぜなら、完全外注化をうたっているからです。

具体的には、ALVOが利用している著作権フリーの画像を使うことで、他社と比較しても格安で対応してくれるそうです。

ただしひとつ注意点があり

画像挿入はWordPress形式限定です。
WordPress形式で納品できなければ、画像挿入を代行することはできません。

 

画像挿入に疑問を抱く人
画像挿入に疑問を抱く人
画像挿入が「完全外注化のために必要なこと」というのは分かりましたが、実際ホントに必要なんですかね?

画像の挿入に関してはかなり手間のかかることで、例えば1つのブログ記事において見出し毎に画像を入れるようなことになると、一個一個画像を探さねばなりません。

そうなると、画像の挿入だけで1時間とか平気でかかってしまいます。

その手間が解消されるのであれば、全然やる価値はあって、あとは財布と相談するだけです。

ちょろてん
ちょろてん
あなたが契約している画像サイトなどがあって、「そっちを使ってほしい!!」という要望も聞いてくれますよ。

格安と書かれていますが、具体的な価格設定がありませんので、実際にALVO側に相談し価格を決めていってください。

 

記事作成相談をする

オフィシャルサイトにリンクします

 

3.キーワードの選定も代行してくれる

ブログを運営するうえで欠かせないのがキーワード選定です。

当サイトでも『キーワードとは?』という記事に詳しく書いてますが、どんなにいい記事を書いても、キーワード選定を間違ってしまうと「まったく誰にも読まれないで終わってしまう」なんてことはザラにあります。

よっぽどキーワード選定に自信のある人以外は、任せておいた方がうまくいく確率は高くなるはずです。

 

記事作成相談をする

オフィシャルサイトにリンクします

 

納品までの流れを見てみる

 

記事納品までの流れを以下にまとめましたので、ご覧ください。

基本的には先払いですが、法人に限り後払いが可能となっています。

後払いにした時の支払い方法は口座振込の1択で、クレジットカードは使えません。

最低発注数は5件となっていますが、テスト用に5件以下で発注したい場合は、相談することができます。

1番最初の担当者とのメールでのヒアリングの時に、あなたの要望をすべてお話しておくのがいいと思います。

メールでのやり取りになるので、慌てずに文面を見直してから返信するようにすれば、間違った判断をしてしまうこともほぼありません。

ライターさんと話せるか心配な人
ライターさんと話せるか心配な人
ライターさんとは直接やり取りすることは出来ますか?

公式にも書かれていますが、ライターさんとやり取りをするのは担当者で、あなたは直接ライターさんとやり取りすることはできません。

ちょろてん
ちょろてん
あなたは、担当者を通してライターさんとやり取りをします。

発注してから納品されるまでの期間は、約2週間となっています。

 

記事作成相談をする

オフィシャルサイトにリンクします

 

まとめ

 

最後にまとめて終わりとします。

まとめたものが以下で

  • ベースプランにすると文字単価1.5円
    テキスト作成、コピペチェック、簡易校正、納品フォーマット選択
    ※追加オプションあり
  • WordPress形式だと画像挿入も代行できる
  • キーワード選定も代行できる

ブログメディアを運営するにあたって無駄なものは一切ありません。

もし少しでも外注を検討したいと考えている方は、1度相談だけでもしてみることをおすすめします。

外注することによって、今後の活動に余裕が生まれるのは間違いのない事実です。

それではまた

 

記事作成相談をする

オフィシャルサイトにリンクします

 

ABOUT ME
ちょろてん
インターネット関連やガジェット、新しいサービスなどが好きな平凡なグウタラ会社員です。僕の身の回りに起こる全ての事をネタとして記事を書いています。肩の力をぬいて、気軽に読んでいただければ幸いです。