ネット回線

NURO光の戸建屋内工事について解説

 

NURO光には全部で2回の工事が必要になります。

その2回の工事が以下で

  • 屋内工事
  • 屋外工事

工事が終わるとNURO光を使えるようになります。

本記事では、NURO光の屋内工事について詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

それではいきます。

 

NURO光の戸建屋内工事で気をつけること

 

結論を先に言ってしまうと、「隣の家に迷惑をかける可能性がある」です。

なぜなら、配線を通す部分が家の外の屋根の近くにあるからです。

もう少し具体的にお話しすると、上の写真をみていただければ分かる通り、長いキャタツが必要です。

お隣さんがすぐ近くの場合、キャタツを置かせてもらうことになります。

今回は、お隣さんの駐車スペースに置かせてもらったので、車を外に出してもらいました。

戸建屋内工事をする時は、事前にお隣さんにお願いをしておきましょう。

今回の工事では、たまたまお隣さんが家にいたので車を出してもらえましたが、もし居なかったら工事することができませんでした。

ちょろてん
ちょろてん
業者の方からは、「あらかじめ隣の人に声をかけておいてください」とは言われません。
知ったのは当日です。

心当たりのある方は気をつけてくださいね!!

作業員は何人で来るのか

屋内工事をしてくれる作業員の方は一人です。

基本的には、他社の光回線となんら変わりません。

ちょろてん
ちょろてん
フレッツ光やソフトバンク光の時も、作業員の数は一人でした。

工事の所要時間は?

屋内工事にかかる時間は、大体1時間くらいです。

設置される物

設置される物は、光ファイバーの線を通すための「光コンセント」です。

元々は電話線を繋ぐところで、それを取り外して付け替えたものが上の画像です。

ケーブルをさす部分が下向きになっているので干渉しない。

ちょろてん
ちょろてん
ケーブルをさすところが正面を向いていると、そこに何か物を起きたい時に邪魔になりますもんね。

見た目にも違和感なくシンプルで、特に何かを傷つけるといったこともありません。

屋内工事の時に業者の方が置いていく物

まずは以下をご覧ください。

屋内工事の人が置いていく物一覧

  • ONU本体
  • ONUスタンド
  • 電源アダプタ
  • LANケーブル1本
  • 簡易ユーザーガイド
  • インターネット接続ガイド
悩んでる人
悩んでる人
ONUってなんですか?

ONU通称おぬは、光回線とパソコンを繋ぐ装置のことです。

なのでこのONUがないと、光回線を使うことができないということなんです。

屋内工事の人が置いていく物はすべてレンタル品なので、契約終了時には返却しなければなりません。

簡易ユーザーガイドとインターネット接続ガイドは以下で

初めての方にも分かりやすいように、図解多めで説明が書かれています。

書かれていることにそってやっていけば、誰でも簡単に使うことができます。

 

まとめ

 

最後にまとめて終わります。

NURO光戸建屋内工事1回目

  • 気をつけることは「隣の家に迷惑をかける可能性がある」こと
  • 作業員は一人で来る
  • 工事にかかる時間は約1時間
  • 設置される物は「光コンセント」
  • 置いていく物はONUなど

特に難しいことは一切ありません。

作業員の方も慣れてますので、作業自体もすんなり終わります。

屋内工事以外のNURO光のことについては、以下をご覧ください。

NURO光回線の他社比較やキャンペーン、工事、解約、評判について解説今巷で話題のNURO光回線について詳しくまとめてみました。他社との料金比較やキャッシュバックキャンペーン、工事についてや解約方法を、出来るだけ分かりやすく書いています。さらにはお客様のリアルな声も載っけており、戸建てにお住いの人も、マンションにお住いの人も参考になるようになっています。お時間があれば、ぜひご覧になってください。...

また、工事が面倒だという方は、以下のホームルーターを検討してみるのもいいでしょう。

ソフトバンクエアーを選ぶ理由は「通信速度」ではなく「手軽さ」です。ソフトバンクエアーの通信速度が遅いのは当たり前の話です。そもそもソフトバンクエアーのようなホームルーターで、1Gbpsの速度が出てしまったら、光回線を使う意味がなくなってしまいます。ソフトバンクのメリットは、とにかく開通までが早いことと工事のような面倒なことがないこと、そしてコンセントにさすだけで使えるという簡単すぎることに尽きます。...

それではまた

 

ABOUT ME
ちょろてん
インターネット関連やガジェット、新しいサービスなどが好きな平凡なグウタラ会社員です。僕の身の回りに起こる全ての事をネタとして記事を書いています。肩の力をぬいて、気軽に読んでいただければ幸いです。