記事作成

【ブログ】キーワードとは?3種類を解説!【SEOの基礎】

 

悩んでる人
悩んでる人

キーワードとは?

キーワードの種類は何があるの?

そんな悩みを解決する記事を用意しました!

結論をいってしまうと、ブログを書く上で「キーワード」は絶対に必要です。

ではなぜ必要なんでしょうか?

理由はシンプルに、検索結果であなたをみつけてもらうためです。

ブログは基本的に誰かの悩みに対して記事を書きます。

せっかく記事を書いても誰かに検索されなければ、一生その記事で誰かの悩みを解決することはできませんよね。

ということで、この記事では

・キーワードとは?

・キーワードの種類

について解説していきます。

この記事を読んでいただければ、キーワードについて分かるだけでなく、あなたの書いた記事がより多くの人に検索されるようになります。

ぜひ最後まで読んでみてください。

そもそもキーワードとは?

 

検索するときに上記の検索窓に打ち込む文字のことです。

ちなみにキーワードの意味は、

内容を把握するための手がかりとなるような、重要な言葉。

引用元:Google

 

例えば

悩んでる人
悩んでる人
おすすめの副業が知りたいなぁ。

と思ったら

上のように「副業(スペース)おすすめ」と検索します。

この場合のキーワードは「副業」と「おすすめ」です。

このように検索の手がかりとなるような言葉のことを「キーワード」といいます。

キーワードの種類

なんとキーワードには種類がありまして。

キーワードの種類は大きく分けて3つです。

・ビッグキーワード

・ミドルキーワード

・ロングテールキーワード

 

1つずつ解説していきます。

ビッグキーワード

読んで字のごとく「大きいキーワード」のことです。

例えば

「ブログ」や「副業」、「転職」、「クレジットカード」などがそうです。

ちょろてん
ちょろてん
たった1語で意味がわかる言葉のことですね。

 

ビッグキーワードのメリット

・検索結果の1番上から3番目(1位〜3位)に表示されるとめちゃくちゃ検索(クリック)されます。

これについては少し考えてみてください。

あなたが何か調べたいことがあって検索したとします。

検索結果が表示されたら1番はじめにどこをクリックしますか?

多くの人は1番上に表示されている検索結果をクリックするはずです。

ちょろてん
ちょろてん
1番上以外でクリックするとしてもせいぜい2番と3番目くらいじゃないですか?

 

1番目の内容で満足してしまったら、2番目すらみることはないでしょう。

ビッグキーワードのデメリット

・競合サイトが多く、なかなか上位に表示されない。

ビッグキーワードの検索上位には、いわゆる上級者の方々が「我こそは!!」と日々ものすごい戦いをくりひろげているわけです。

上級者というのは

・企業

・プロブロガー

・プロアフィリエイター

などです。

つまり初心者が入るような場所は全くありません。

 

ミドルキーワード

中間のキーワードのことです。

例えば

「ブログ 始め方」や「副業 おすすめ」、「転職 面接」、「クレジットカード 作り方」などです。

上の例でもわかる通り

「ブログ」という大きなキーワードに「始め方」というキーワードを1つたして、2つのキーワードにすることを通称「ミドルキーワード」と呼んだりしています。

2つのキーワードで中間なのでそれ以上にキーワードをたすと

悩んでる人
悩んでる人
どうなるんですか?

 

以下で解説していきます。

 

ミドルキーワードのメリット

・キーワードを2つ使うことによって、検索する人の悩みをより具体的にできる。

・検索結果の上に表示される確率が少しだけ高くなる。

「副業」の1語より

「副業 おすすめ」

「副業 バイト」

「副業 英語」

などのように悩みが具体的になります。

悩みが具体的になれば当然記事も書きやすくなりますよね!

次のメリットとして少しだけ上位に表示されやすくなるというものですが、全然期待しなくていいレベルです。

ちょろてん
ちょろてん
ある程度成果が出てきたら狙ってみるのもありですね!

 

期待させてしまいましたが基本的にはNGです。

 

ミドルキーワードのデメリット

・上位表示が厳しい。

・記事を書くのが大変です。

メリットと正反対のことをいっていますね。

その名の通りまさしく中間なわけです。

次の「デメリットの記事を書くのが難しい」ですが

例えば

「クレジットカード 比較」で記事を書く場合

クレジットカード10枚を使ってみてどうだったか?なんて記事にしなければいけないわけです。

簡単にイメージできますよね?

大変なんですよ。

ログテールキーワード

ちょろてん
ちょろてん
ここからが本番です!

長めのキーワードのことです。

例えば

「ブログ 書き方 コツ」

「副業 おすすめ サラリーマン」

「転職 おすすめ 業界」

「クレジットカード 年会費無料 おすすめ」

などがそうです。

上の例のようにキーワード2つのミドルキーワードにさらにキーワードをたしていくと「ロングテールキーワード」になります。

ちょろてん
ちょろてん
キーワード3つ以上です。

 

ロングテールキーワードのメリット

・検索結果で上位表示されやすいです!

・とてつもなく具体的に書く内容を絞り込めます!

 

断言します、上位表示ねらえます!

そして記事を書く内容を超具体的にすることができるのでそんなに大変じゃなくなります。

例えば

「低収入 副業 ブログ 月5万」とかです。

ちなみに僕の記事で、実際に1位とってます。

初心者の方はぜひこの「ロングテールキーワード」をせめていってください。

始めたばかりのあなたに勝機があるとすれば、このロングテールしかないです。

 

ロングテールキーワードのデメリット

・ビッグキーワードやミドルキーワードに比べて、検索してくれる人が少ない。

・収益化はできない。

これも簡単にイメージできます。

「ブログ」で検索する人と「低収入 副業 ブログ 月5万」で検索する人ってどっちが多いですか?

答えは「ブログ」です。

悩んでる人
悩んでる人
「低収入 副業 ブログ 月5万」で検索する人なんているんですか?

 

答えは「います。」

ただ

少ないです。

少ないですが検索する人がいるのは事実なんです。

ちょろてん
ちょろてん
次のデメリットにいきます。

 

収益化できないということなんですが、これは一体どういうことかというと

ロングテールキーワードは、「集客キーワード」だからです。

集客キーワードでは商品は売れません。

というか売ってはいけません。

まとめ:ロングテールキーワードで記事を書いていきましょう!

ここまででキーワードについてはある程度理解できたかなと思います。

最後にもう1度まとめます。

キーワードの種類は3つ

・ビッグキーワード

よく読まれるが、上位表示が困難。

・ミドルキーワード

これもよく読まれるが、上位表示が難しい。

・ロングテールキーワード

あまり読まれないが、上位表示がねらえる。

上記の3つキーワードを理解するだけでもどうすればより多くの人にあなたの記事が読んでもらえるのかがわかっていただけたと思います。

まずは読まれることが重要です。

ロングテールキーワードをねらって1位を量産していってください!

それではまた


人気ブログランキング

ABOUT ME
ちょろてん
ちょろてん
インターネット関連やガジェット、新しいサービスなどが好きな平凡なグウタラ会社員です。僕の身の回りに起こる全ての事をネタとして記事を書いています。肩の力をぬいて、気軽に読んでいただければ幸いです。