ゲーム

iPhoneSE(第2世代)でフォートナイト|HUDレイアウトツールを使って、操作性と建築スピードを上げる方法を解説

 

  • iPhoneSE2(スマホ)でフォートナイトをするときの操作性を向上させたい。

そんな疑問に答えていきます。

結論を先に言うと、操作性は大幅に向上させる事ができます。

なぜなら、タップする場所を好きな位置に変更する事が可能だからです。

例えば、本体を横向きに持って二本の親指で操作する場合、親指の届く位置にタップするボタンを持ってくると、楽にタップできるようになります。そうなると、タップする速度も上がるわけです。

なので、これからタップする配置の変更について解説していきます。編集自体は簡単ですので、是非一度試してみてください。

ちょろてん
ちょろてん
プレイしやすくなり、ビクロイする確率も上がりますよ。

iPhoneSE2でフォートナイトは快適にプレイできるのか?については以前記事にしていますのでそちらをご覧ください。

iPhoneSE(第2世代)でフォートナイトは快適にプレイできるのか検証してみたiPhoneSEでフォートナイトをプレイしたので記事にしました。フォートナイトといえば、ゲーミングPCでやるイメージが強かったですが、iPhoneでも問題なくプレイすることができます。...

それではみていきましょう。

 

タップするボタンの配置を変える

ここでは、タップする場所の配置を変えていきます。

まずはロビー画面に入り、右上のハンバーガーメニューをタップします。

メニューが開きますので、「HUDレイアウトツール」をタップしてください。

上の画像が、「HUDレイアウトツール」の画面です。タップする場所を、あなたのお好みの場所に移動する事ができます。

先ほどの画面を下にスワイプすると、上の画像のように「エキストラボタン!」というのが現れます。

赤ワクで囲ってある部分をドラッグ&ドロップして、下の操作画面に追加する事が可能です。

上の画像は、エキストラボタンをドラッグ&ドロップして、レイアウトツール上に並べたものです。上段の数字(赤・黄)は武器で、下段の数字(青)は建築(階段・屋根など)が表示されます。

ボタンは綺麗に並べることができません。諦めましょう。

これをすることによって、右手の親指で武器と建築をタップする事ができるようになりました。

実際のフィールドの画像を見てもらえば分かる通り、わざわざ下の武器をタップする必要がなく、建築においてもワンタップで作りたい物を選択できるようになっています。つまり、瞬時に切り替えることができるようになっています。

ちょろてん
ちょろてん
一瞬で勝敗が決まるフォートナイトの世界では、ワンタップ減らすことが重要になってきます。

 

早く建築する方法

建築は、フォートナイトをプレイする上で重要な要素の一つです。建築ができるかできないかで、勝敗が大きく左右されます。もはや建築ゲーといっても過言ではありません。

そんな建築ですが、HUDレイアウトツールによってワンタップで建築したい物を呼び出せるようになりました。それでも十分に早くなってるんですが、実際の戦場では、一瞬で建物を建てなければ敵にやられてしまいます。

どう頑張ってもPCほどは早くなりませんが、とはいえ知っていると、知らないよりは格段に早くなります。ということで、今回は4方向を壁で囲っていきます。

壁を選択すると、建築する画面に切り替わります。

建築ボタンをタップすると壁が建築されます。

普通なら、また横を向いて建築ボタンをタップして建築すると思います。でもそれでは横を向いてタップしてと2アクション必要になってしまうので、4方向囲うには全部で9回のアクションが必要になります。

建築ボタンを押したままにし方向転換をすると、そのまま全方向に壁が建築されます。この方法を使うと、全方向を壁で囲うのに1秒もかかりません。宝箱を開ける時や救急キットを使う時など、敵から身を守る時に活躍してくれます。

ちょろてん
ちょろてん
いい動画がありました。静止画ではどうしても分かりづらいので、そちらものせておきます。

 

以上でHUDレイアウトツールを使っての操作性と建築スピードを上げる方法の解説は終わりです。

iPhoneSE2(スマホ)勢でも、HUDレイアウトツールを駆使することによって、操作性を向上できることは分かっていただけたと思います。操作性を上げて、ガンガンビクロイを狙ってプレイしていきましょう。

それではまた

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
ABOUT ME
ちょろてん
ちょろてん
インターネット関連やガジェット、新しいサービスなどが好きな平凡なグウタラ会社員です。僕の身の回りに起こる全ての事をネタとして記事を書いています。肩の力をぬいて、気軽に読んでいただければ幸いです。