ブログ

ブログが難しい大きな理由1つと難しいポイント4つを体験談をもとに解説

 

悩んでる人
悩んでる人
ブログは難しいですか?

ブログをこれから始めようとしている方の中には、「ブログは実際に難しいのか?」「本当に稼げるのか?」という疑問がわいている事と思います。

そのことについてはじめに結論を言ってしまうと、「かなり難しい」と言い切ることができます。

では「なぜ難しいのか?」についてこれから記事を書いていきます。

この記事は

・ブログをはじめる前にブログの難易度についてちゃんと知っておきたい。

そんなあなたにおすすめの記事となっております。

この記事を書いている僕はブログ歴8ヶ月で、今まで書いた記事の数は合計82記事、累計PV数は10,145PVです。収益は5桁を達成しました。それ以外のことについてはプロフィールをご覧いただければ詳しく書いてあります。

ちょろてん
ちょろてん
ツイッターのフォロワー数は147人です。

実際にブログを始めて8ヶ月続けています。それなりに数字としての結果も出ていますので、わりと信頼性も高いと思います。

ここで書いている記事を読むことによって、ブログの難しさについて実際の体験談とともに詳しく知ることができます。

出来るだけわかりやすく論理的に書いていきますので、ぜひ最後まで読んでいただき、ブログを始める前の参考にしていただけると幸いです。

ブログが難しい理由

ブログが難しい理由は大きく1つあります。

理由:記事を書かなくてはならない。

上記がブログが難しいと感じる理由なわけですが、正直これ以外に難しいと感じることはありません。

それでは理由について詳しく解説していきます。

記事を書かなくてはならない

前提として、ブログを始める以上は記事を書かなくてはなりません。書いた記事を納品するというイメージでOKです。

その前提ありきで、記事を書く上で難しいポイントが4つあります。

1.記事の文字数は2,000文字以上

2.ブログを始めたらまずは100記事書く

3.読者の悩みを解決しなければならない。

4.読者が知りたいと思っていることを書かなければならない。

それでは1つずつ解説していきます。

1.記事の文字数は2,000文字以上

正直文字数に決まりはありません。500文字でも1,000文字でも構いませんが、文字数が少ないとどうしたって内容が薄っぺらくなってしまうからです。

ツイッターを例にするとわかりやすいのですが、ツイッターは140文字と制限があります。140文字で例えば「iPhone11を使ってみての感想。メリット・デメリットについても詳しく解説」みたいなことを書くとしても140文字ではとてもじゃないけど書ききれません。

最低でも2,000文字は書かないと読者に伝わるような記事は書けないわけです。

2.ブログを始めたらまずは100記事書く

この100記事も最低条件です。理由はシンプルに文章を書くのになれるためです。

具体例としては人前で話すとかが近いですね。多くの人が集まる会社の会議に出席していると不意に話をふられたりすることがあると思いますが、上手く喋れる人ってあまりいないと思います。克服するためには場数をふむことしかないはずです。

同様にブログにおいてもいきなり読者に伝わるような記事を書けるかといえばそんなことはありません。場数をふんで徐々になれていくしかないのです。そのために必要な記事数が100記事ということになります。

しかしこれには個人差があります。100記事書いて「俺には文才がない!!」と諦める必要はありません。100記事でダメなら200記事書けばいいだけです。

3.読者の悩みを解決しなければならない

100記事を書いて文章になれることは理解していただいたと思うのですが、ただ100記事をひたすら書き続けても意味はないです。ブログの記事を書く上で重要なのは「読者の悩みを解決すること」です。つまり、読者の悩みを100回解決する必要があります。なぜかというと、読者はあなたに興味がないからです。

〇〇ちゃんと今日はたくさん話して最高の1日でした!

上の悪い例をみていただければわかる通り、日記のような記事を書いたところで誰のためにもなっていません。つまり読む価値がないということになります。

みじかな知り合いや友達の悩みを解決してあげる。

そうすると喜んでくれているみんなの笑顔がイメージできますよね!これなら読むに値する価値のある記事、良質な記事といえます。

なので、100回解決してあげることが必要になるわけです。それにしても知人のや友達の悩みを100回解決するってことは

悩みを100回解決する=簡単ではない=難しい

ということで記事を書く上で難しいとなるんですね。

4.読者が知りたいと思っていることを書かなければならない

3つ目のポイントににていますが少し意味が違います。

例えば

Aさん
Aさん
今の職場は1日14時間労働で休みは月に4回だけ。毎年昇給もなく、給料も低い。正直ブラックだよなぁ。もう少し条件のいい職場に転職したいなぁ。

この場合

1日8時間労働、月の休みは8回で年に1回昇給ありの会社はここだ!!

みたいな情報をAさんは探しているわけです。その情報をできるだけ多くの選択肢とともに教えてあげる必要があります。つまりAさんのかわりにあなたがホワイト企業を探さなければならないのです。そこには時間と手間がかかります。決して簡単ではないですよね

まとめ:ブログは難しいですが、やる価値は大いにあります。

最後に本記事の内容をまとめていきます。

ブログが難しい理由

記事を書かなくてはならない。

難しいポイント4つ

1.記事の文字数は2,000文字以上

2.ブログを始めたらまずは100記事書く

3.読者の悩みを解決しなければならない

4.読者が知りたいと思っていることを書かなければならない

とはいえブログをやる価値は大いにあると思っています。なぜなら、読者を幸せにできるからです。困っている人がいたら助ける。そんな素晴らしい職業だと思います。この記事で書いたことをキモに命じて始めてもらえれば幸いです。

それではまた

ABOUT ME
ちょろてん
ちょろてん
インターネット関連やガジェット、新しいサービスなどが好きな平凡なグウタラ会社員です。僕の身の回りに起こる全ての事をネタとして記事を書いています。肩の力をぬいて、気軽に読んでいただければ幸いです。