スマホ

AirPods ProとiPhoneでライブリスニング!!遠くの部屋の会話も聞こえます

 

AirPods Proに「ライブリスニング」という機能がついているのはご存知だろうか?

僕は知りませんでした。

本記事ではまだそんなに知られていないライブリスニング機能について深堀していきたいと思います。

少しでも気になった方は、最後までお付き合いください。

これを読み終わる頃には、AirPods Proの新たなライブリスニングという機能についての知識を手に入れることでしょう。

知っていて損はない機能なのでぜひ読んで覚えてみてください。

ちょろてん
ちょろてん
とても簡単ですよ。

それではいきます

 

そもそもAirPods Proのライブリスニング機能って何?

 

そもそもライブリスニング機能ってなんなんでしょうか?

名前を聞いただけではさっぱり分かりません。

これ結論から言ってしまうと「補聴器」です。

なぜなら、直接会話するよりも相手の声を聞き取りやすくなるためです。

具体例を出すと、イヤホンで音楽を聴いているのと同じです。

あなたの好きな音楽や動画をイヤホンで聴いている時に、音が小さくて聞き取りづらいってことはないですよね?

つまり、外で話している会話を拾って耳元まで届けてくれるんです。

ライブリスニング機能を使えるイヤホンは、AirPods、AirPods Pro、AirPods Max、Powerbeats Proの計4種類です。
OSは、iOS14.3以降が必要です。

なぜ遠くの部屋の会話も聞こえるのか?

答えは簡単で、Bluetoothワイヤレスイヤホンを使っているからです。

つまりBluetoothの電波が届く範囲であれば、隣の部屋だろうが2階の部屋だろうが、置いておくだけで遠くで会話を聴くことが可能になります。

ちょろてん
ちょろてん
音を拾う役割をするのはiPhoneです。

実際に試しましたが、戸建の2階と1階では何の問題もなく聴くことが出来ました。

ちなみにAppleが公式に発表しているBluetoothの接続距離は100mとなっています。

 

ライブリスニングはどうやって使うの?

 

まずはじめにiPhoneのホーム画面にある設定をタップします。

設定画面に切り替わったら、「一般」の下にある「コントロールセンター」をタップします。

上の画像のように、「聴覚」という耳のマークの左のプラスマークをタップし、コントロールセンターに追加しましょう。

追加したらホーム画面に戻り、右上から下にスワイプしコントロールセンターを表示させます。
すると上のように「聴覚」が追加されているのが分かると思うのでタップしてください。

するとライブリスニングという文字が現れます。
最初はオフになっていますのでタップしてオンにしてください。

必ずAirPods Proを耳に付けてから操作を行ってください。

するとライブリスニングがオンになり、AirPods Proからしっかりと音声が聞こえてくるのが分かります。

 

ライブリスニングはどんな場面で使えるの?

 

使える場面はないというのが現状です。

面白い機能の一つであるというだけです。

ただ、知っていれば今後使う場面もあるかもしれませんよね。

 

まとめ

 

AirPods Proのライブリスニング機能は、相手の会話を聞き取りやすくするためのものです。

使い方は、コントロールセンターに追加してライブリスニングをオンにするだけ。

Bluetoothの届く範囲であればiPhoneをどこに置いても会話をイヤホンに届けてくれます。

以上でライブリスニングについての記事は終わりです。

AirPods Proには、こういったまだあまり知られていない機能が結構あったりします。

いろいろ調べてみるとどんどん面白い機能を見つけたり、便利に活用することができるかもしれません。

それではまた

 

ABOUT ME
ちょろてん
インターネット関連やガジェット、新しいサービスなどが好きな平凡なグウタラ会社員です。僕の身の回りに起こる全ての事をネタとして記事を書いています。肩の力をぬいて、気軽に読んでいただければ幸いです。