ARグラス

Appleが開発中のARメガネに、マイクロOLEDが採用されるかもしれないという噂があります。

 

Appleは、現在開発中の通称「Appleグラス」に、マイクロOLEDを採用する可能性があります。

なぜなら、「マイクロOLEDディスプレイを開発している」と日経が報じているためです。

そこで本記事では、「マイクロOLED」について詳しくみていくと共に、Appleグラスが現段階で「一体どんな事ができるのか?」についてもみていきたいと思います。

本記事は、MacRumors9TO5Mac、数々の有名アナリスト、YouTube等を参考に記事を作成しています。
嘘の情報を書くといったことは一切ありませんので、安心してご覧ください。

ちょろてん
ちょろてん
それではいきます。

 

マイクロOLEDについて

 

マイクロOLEDディスプレイは、薄くて軽く小さい上に、電力効率に優れていると言われています。

なぜなら、ガラス基板ではないためです。

具体的に何なのかは分かりませんが、「マイクロLEDは状態が安定した無機物を使用」という記述があったので、おそらくマイクロOLEDも無機物を使用しているとみて間違いなさそうです。

となると、レンズなどに使われる可能性はとても高くなってきます。

ちょろてん
ちょろてん
というかほぼ間違いなくARグラスに使うレンズだと思います。
あと考えられるのは、折りたたみ式のiPhoneですね。

AppleがマイクロOLEDを開発

Appleは、台湾のTSMCと提携しマイクロOLEDディスプレイを開発したそうです。

この情報は、「日経が報じている」とマックルーマーに書かれていたもので、開発は「まだ試験生産段階にある」と言われています。

つまり大量生産までにはまだ時間がかかるそうで、そうなってくるとやはりいろんなとこで書かれているように、登場するのはおそらく「2023年頃になるのでは?」という予想で大方間違いなさそうです。

それにAppleは、マイクロOLEDだけではなく、マイクロLEDの技術にも取り組んでいると書かれています。

ちょろてん
ちょろてん
2つの違いについては正直分かりません。

 

以上で、本記事は終わりです。

マイクロOLEDの開発により、ARグラスの開発が進んでいるのは間違いありません。

何か新しい情報が入ってきたら、当サイトでもまた記事にしていきますので、楽しみにお待ちください。

それではまた

 

ABOUT ME
ちょろてん
ちょろてん
インターネット関連やガジェット、新しいサービスなどが好きな平凡なグウタラ会社員です。僕の身の回りに起こる全ての事をネタとして記事を書いています。肩の力をぬいて、気軽に読んでいただければ幸いです。